気まま「犬」日記

ひゅーいの家族「犬」日記です 気ままに記します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スティッチ

前々回の記事の続きになります。

10/4
ご飯は変わらず食べてくれているが、
前足の深部痛覚が弱くなって来ていると言われました。
脊髄軟化症の兆候でしょうか。
心に、嫌な感じにしこりが残ります。

10/5
朝、病院から電話があり、
「脊髄軟化症の兆候が出始めました。すぐに来て下さい」
と連絡を受ける。
お父さんとお母さんにそれを告げると、一緒に行く事になった。
お母さんはもう声をあげて泣いていた。
病院に着き、先生から説明を受け、スティッチに会う。
何日ぶりだろう。
スティッチはもう、前足の自由も奪われていた。
首も動かせないらしく、伏せの状態。
もう全身の自由がきかなくなっていた。
目には瞬膜が突出していた。
体温調節も出来なくなっていた。湯たんぽが体の周りを取り囲んでいた。
先生の説明は、今はまだ呼吸が出来ているが、
これから肺を膨らませる事も出来なくなる。
呼吸困難で死に至る。苦しむ。
安楽死の選択もある。どうしますか?
私はスティッチの傍に行った。
顔を近づけると、私の匂いを嗅いだ。
まだ、わかってる。私だってわかってる。
意識はハッキリしていると私は判断した。
安楽死の選択はまだ出来なかった。
病院の手術室にスティッチは居るため、
手術の予定が午後一番で入っていたので、
その時間は席を外さなければならないが、
病院が終わるまで居ても良いと言って頂けたので、
一度出直す事にした。

目やにが凄かったので、ウエットティッシュを買って、病院に向かった。
3時間程しか経っていないのに、スティッチの状態は急変していた。
もう肺が十分に膨らまなくなっていた。
よって、口を開けて、口から苦しそうに酸素を取り続けている。
脊髄の軟化が、急速に頸椎に近づいている。
もう、何が起こってもおかしくない。覚悟して下さいと言われる。
スティッチに近づく。
もうハッキリした反応は受け取れないが、それでも、
目のわずかな動きで、私は意識が死んでいないと思った。
だから安楽死は選択出来なかった。
買って来たウエットティッシュで顔を拭いてやる。
目やにが中まで物凄いたまっている。
見えにくくてかわいそうだと思い、少しずつ取ってやる。
だってまだ、目の反応があると、私は感じているから。
1時間以上だろうか。
スティッチの体を撫で、感覚は無くなっているが、手を握り、
顔を撫で、私のほっぺと、スティッチのほっぺをくっつける。
そしてまた、ウエットティッシュで顔を拭いてやる。
何度繰り返した頃だろう。
スティッチの目やにや、変色した鼻水を拭いてやっていた。
スティッチは前から顔を拭かれるのが嫌いで、
その時の「イヤイヤ~」という逃げるそぶりをしたかな?と感じた瞬間、
スティッチの息が突然、グッと詰まった。
私は大声で「先生!!」と叫んだ。
先生はすぐに飛んで来てくれた。
スティッチは呼吸困難になった。
息を吸い込む事が出来ず、もがき苦しんでいる。
口がまだ動いてる?!生きてる!!スティッチ!!と叫んだ。
あっと言う間にスティッチは動かなくなった。
もう呼吸はしていません。心臓はわずかに動いています。と言われる。
先生はずっとスティッチに聴診器をあてている。
心臓も痙攣状態になりました。午後4時40分です。と言われる。
スティッチは天使になりました。

病院で綺麗にしてもらって、お家に来た時と同じピンク色のリボンをしてもらって、帰って来ました。
私の布団に寝かせてやります。
お目目は閉じる事が出来ませんでした。
舌がちょろっと出ています。
まるで生きているみたいでした。
ねぇねぇ、ご飯だよ?って言ったら、飛び起きてもおかしく無い様な。
とってもカワイイお顔をしてました。
火葬車が来るまで、ずーっと抱いて、撫でて、添い寝をしてました。
お顔をずーっと見てました。
沢山話しかけました。
でも、何にも言ってくれません。
目も開いてるのに。コッチ見てくれてるのに。どうして何にも言ってくれないの??
スティッチ、スティッチ、ねぇねぇ。
私を置いて行かないで。一人にしないでよ。

午後11時、火葬車が来ました。
火葬車のお兄さんが、スティッチにって、手作りの小さな数珠をくれました。
私は、スティッチの右手にはめてやりました。可愛かった。
お持たせに、おもちゃを一つ、抱きかかえる様に持たせてやりました。
最後のお別れです。
くるんでいたペットシーツや、バスタオルを外すと、腐敗が始まっていたのか、
汚れがついていました。
間に合って良かったと思いました。
1時間程火葬にかかりました。煙がお台場の方に向かっていて、
遊びに行きたかったのかなー?なんて思いました。
火葬が終わり、骨を骨壺に拾って納めました。
骨壺を抱かせてもらいました。良かったと思いました。
ちゃんとしてあげれて、良かったと、少し力が抜けました。

10/6
かかりつけの病院から、お花が届きました。
スティッチの大好きな院長先生からです。
スティッチは昔からお花を食べちゃうのが好きでした。
だからこのお花も、全部食べちゃったかな??



ここから下の追記は、写真になります。
スティッチが天使になってからの写真です。
とっても良い顔をしてますが、
苦手な方は見ない様に注意して下さい。

DSCF0840.jpg

DSCF0841.jpg

DSCF0844.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/10/07(木) 00:58:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:6
<<ありがとうございました | ホーム | ずっと一緒>>

コメント

スティッチ、すごくかわいい。
涙が止まりません・・・。
ムッシュも4歳6ヶ月で向こうに行ってしまいました。
病院で、たったひとりで。
スティッチはきっとひゅーいさんがそばにいてくれて心強かったと思うよ。
ずっと一緒と思っていた子が急にいなくなるとほんとにほんとに悲しくて、
悲しくて悲しくてどうしようもないけど、
今はいっぱい泣いてください。
それからゆっくり、元気になってね。
  1. 2010/10/07(木) 01:49:51 |
  2. URL |
  3. marico #SEFye3cg
  4. [ 編集 ]

穏やか

スティッチ、穏やかなお顔ですね。
かわいいね。
  1. 2010/10/07(木) 10:02:00 |
  2. URL |
  3. カレン #yHAfKH.M
  4. [ 編集 ]

スティッチ、かーわいい!!
ちょっと眠くてごろんと横になってるだけにみえるよ・・・

面会謝絶で入院してたから、最後間に合わなかったんじゃないかなと思ってたんだけど
ちゃんと会えたんだね。
スティッチはちゃんと大好きなひゅーいのそばで最後を迎えられて・・・
最後の最後まで幸せだったよね
  1. 2010/10/07(木) 12:04:11 |
  2. URL |
  3. 桃みま #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

大変ご無沙汰しております。
そして何度かメールをと思ったのに…
こんなときにカキコになるなんて…
ひゅーいちゃん携帯に知らせてくれてありがとう。


スティッチちゃん
とても可愛い寝顔ですね
天使になっちゃうなんて
まだ信じられません。
ウエンちゃんとお顔が似ている子なので
あたしもとてもツラいです。
ひゅーいちゃんに看取られながら幸せな気持ちで天国へ駆けてったのかな…
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
  1. 2010/10/09(土) 20:11:26 |
  2. URL |
  3. nabi #-
  4. [ 編集 ]

ひゅーいさん、メールありがとうね。
そして連絡が遅くなってしまいごめんなさい。
実は引越しをしてネットが使えなかったのです。
そんなことよりスティッチちゃん。。。まだ信じられない。。。
ひゅーいさんの文章読んでて涙が止まらなかった。。。
スティッチちゃん最後までよくがんばったね。
ひゅーいさんのスティッチちゃんへの愛情が改めてよーく伝わってきました。
我が子が苦しんでいる姿を見ているのもとても辛かっただろうし
ひゅーいさんの気持がよく分かります。
スティッチちゃんほんと可愛いお顔してて寝てるみたい。
毛と皮膚の状態もすごくきれいだよね。

スティッチちゃん、最後までママががんばってくれて幸せだったね。
天国に行ってもお空からママや家族の事見守っていてね。
もななるとも遊んでくれてありがとうね。
私達にもいっぱいの笑顔をありがとう。
またお台場行こうね。

スティッチちゃんのご冥福を心よりお祈りします。
  1. 2010/10/10(日) 01:06:48 |
  2. URL |
  3. みわ #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして 脊髄軟化症の検索をしていたら
こちらのページにたどり着きました。
私の息子も先週 ヘルニアの手術をしたばかりです。
ひゅーいさんのお気持ちお察しいたします。

スティッチちゃん可愛いお顔ですね。
最後までママが近くにいてくれて幸せだったと思います。

スティッチちゃん頑張ったね!
偉かったね!

スティッチちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
  1. 2010/10/30(土) 01:41:21 |
  2. URL |
  3. 鈴果 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。